明るく、楽しく人生を過ごしたいと考えている小生の、日々思う事や、出来事を記録として残していきたいと思っています。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 大雪万歳! 家族スキー | main | ヘルメット >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
まさかのSOS (ウエアじゃなくて)
この土日は企画を始めて今年で6回目となる、スキーツアーに行ってきました。
行先は4年連続で車山スキー場で、今回は私の家族をのぞき、7名の方が参加してくださいました。



今年も最高の天気に恵まれて、絶好のスキー日和となり、すべてが最高!



・・・・となる予定でしたが、終了前の最後の1時間で事故が起きてしまいました。

3年前はメンバーの女性が転倒して腕を骨折した事がありましたが、今回は主催している私がSOSを発する事になっていまいました。

コブ斜面を小回りで抜け出した後、深い大回りで規則的にリズムよく滑っていき、左ターンから右ターンにさしかかった時に、突然目の前にスノーボーダーが現れて、声を上げる間もなく正面衝突しました。
本当に一瞬の出来事であり、受け身を取ることもままならず激突しました。



画像の潜血が物語っている通り、顔を地面に強打したことにより、鼻と口内から出血していました。
激突の直後は麻酔を打たれたかのように顔面が完全に麻痺し、頭もガンガンしていたため、しばらくは雪面に倒れこんでいました。
それから間もなくして、リフトに乗っていて事故に気付いた仲間が、「救助を呼んだよ」と言って駆け寄ってきてくれました。
この後、私と相手の方はサイレンを鳴らした担架に乗せられてパトロールセンターまで運ばれて行きました。
相手の方はというと、肩を強打したらしく、右腕が動かせない状態になっていました。

パトロールセンターでは事故の状況調書を作成していただき、それぞれ仲間に連れられてスキー場をあとにしました。

事故の状況(調書)に関して:
お互いの記憶を辿って確認したところでは、相手の方は私の右側l後方から滑走してきており、私の存在に気付いていたそうで、前で交わせると考え、左に大きくターンしてきたようです。
ところが思っていたよりも私のスピードが速く、それに気づくと同時に正面衝突することとなってしまったようです。
私としては、突然目の前に現れた存在に対しては、まったく成す術がありませんでした。

直接会話もしましたが、お互いに相手の怪我の状態を気遣い、その場ではどちらが悪いという話は一切しませんでした。
ですが、責任問題のなすり合いをしたいのではなく、安全対策を考えるという点において、どうしてこのような衝突事故が起きたのかということを、記憶の新しいうちにお互い話し合うべきだったような気がしています。

いずれにせよ、ゲレンデには動いているスキーヤーとボーダーが多数あり、事故とは常に隣り合わせである事は紛れもない事実です。今後は今まで以上に細心の注意を払って滑走するとともに、大切な頭を守るために、ヘルメットを着用することを決意しました。(ヘルメットは早速オーダー済み!)



明日は首や頭に激痛でもない限り、顔の擦り傷をマスクで被って出勤する予定であり、さらに今週末には白馬にてデモレッスンを受講する予定です。
残り僅かなスキーシーズンはもう少し満喫したいです。
| スキー | 20:54 | comments(4) | - | pookmark
スポンサーサイト
| - | 20:54 | - | - | pookmark
やっちゃったね。
かすり傷で済んで良かった。
白馬までに治しておいてよ!!

ゆっくり滑ってても体当たりしてくるから、あいつ等最低だ!
(実は私も1月にボーダーとぶつかってます)
ってことで、大回りでは左右確認しながら滑るようになってしまいました。

俺もヘルメット買おうかな。。。

| サトウ | 2011/02/21 3:42 AM |
今朝も無事に目が覚めた(生きていた)ので、脳も大丈夫そうです。
いやー、ヘルメットは絶対に着用した方が良いと思いますよ。
お父さんはまだまだ家族のために働かないといけませんからね!!
顎が痛くて、食べ物をろくに噛めませんが、八方は問題ないと思います。
| じゅにあ | 2011/02/21 7:57 AM |
雪と鮮血のコントラストが!ありそうで無さそうな画像です。

大事にいたらなくて何よりでした、ボーダーは鎖骨逝ったかも。
クルマと同じに前方よりも周りに気をつけないと、いけなくなってきましたね。
とは言えショートターンだとキョロキョロしながら滑るのも難しそうですが(笑)









| quattomo | 2011/02/22 11:10 PM |
>クルマと同じに前方よりも周りに気をつけないと、いけなくなってきましたね

そうですよね〜。
今回の事故で、意識的にフォールライン方向だけなく、自分の位置よりも少し後方までも時より気にしながら滑らないと安全が保てないということを我が身をもって認識しました。
特に深い大回りの場合は、体勢が限界付近で踏ん張っている状態なので、危険回避が難しい点も考慮して滑る必要があると感じました。
| じゅにあ | 2011/02/23 12:28 PM |