明るく、楽しく人生を過ごしたいと考えている小生の、日々思う事や、出来事を記録として残していきたいと思っています。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
富士山初登頂
 先週の3連休を利用して、富士山登頂に挑戦してきました。

今回は5名の同級生での一行となりましたが、日頃、運動不足の仲間を含め、基本的には素人の集まりなので、もっとも堅実な7合目の山小屋泊を計画しました。

個人的には、先月、自転車のMt.富士ヒルクライムレースで5合目まで登ってきているので、通算して麓から人力での登頂チャレンジということになります。

登山開始前には、お決まりの記念撮影を済ませ、13時30分頃からやる気まんまんで登り始めました。



7合目付近ではご覧のような景色ですが、この辺はまだ緑があって綺麗です。



5合目から、かなりゆっくりのペースで登って、2時間ほどで7合目の山小屋に到着しました。



山小屋では6時頃に夕食を済ませ、その後、狭い押入れのようなスペースに5人が入って仮眠を取りました。

出発直前には山小屋でうどんを食べて、23:30に登頂アタックを開始しました。
はじめのうちはそれほど登山者で込み合っていなかったので、それなりのペースで登ることができました。(途中、簡易な装備で登っている無謀な外国人数名をサポートしながら登っていました。(「外国人さん、あんまり無茶すんなよ〜」って言ってあげたかった。))
しかし、8合目を過ぎた当たりから、人の渋滞が始まり、結局9合目に届かない地点で御来光を仰ぐこととなりました。とは言っても、ガスがかかっていたので、まともには御来光を拝めませんでしたが。

9合目から山頂までは対した距離はありませんが、とにかく渋滞がひどく、まるで国会の牛歩のようでした。
結局登頂には成功しましたが、到着時間は6時近くになっていました。
余りにも渋滞がひどかったので、登頂の実感が沸かず、不完全燃焼感が残ってしまいました。
(といいつつも笑顔たっぷり↓だったりしますが・・)



やはり3776mの山頂付近は真冬並みの寒さで、すっかり体が冷えきってしまいました。
そんなこんなで、山頂では、豚汁やラーメンを食べて、冷えきった体を温めました。
その後下山を恥じましたが、5合目まではわずか2時間半ほどで降りることができました。

下山途中、日頃お目にかかれない光景に、なんども目を奪われました。
見たものといえば、近くの山中湖から、遠くのスカイツリー、ランドマークタワー、江ノ島、芦ノ湖、初島、大島など、いろいろと発見することができてとても感動的でした。




若干名は途中棄権のピンチが何度かあったようですが、最終的には、参加者5名全員が登頂に成功し、ケガもなく無事に下山することができました。



二日間に渡り、同級生と富士山登りを楽しめたことが何よりの収穫だったと思います。
そして、この先は同級生との山めぐりが恒例行事になるかもしれません。
| 山登り | 22:14 | comments(4) | - | pookmark
西沢渓谷
本日予定していた行事が中止となったため、昨夜急遽、山梨県にある西沢渓谷行きを決めました。

ちょうどひと月前にも西沢渓谷を訪れていたのですが、その時は山登りの備えをしていなかったため、散歩程度で終えていました。
今回は初めからここを目指してしっかりと歩いてきました。

この渓谷には沢山の滝があり、水も青々としていてとてもきれいです。
渓谷を歩いて行くうちに、次々と滝が姿を現し、登山者を飽きさせません。



なかでも、こちら↓の七ツ釜五段の滝は、素晴らしい景観をしていました。



西沢渓谷は、ぐるっと一回りできるルートになっていますが、往路は意外に険しい岩場があり、高尾山などの低山歩きにはない、渓谷ならではのスリルを味わうことができます。
復路はトロッコの廃線跡に沿って、なだらかに下山する事ができ、景色や会話を楽しみながら楽に歩くことができました。



紅葉のほうは、見ごろを過ぎた感はありましたが、それでも十分に楽しむことができました。



復路を歩いていると、ところどころに廃線の線路が顔を出していて、その面影を知る事ができます。



今日は、早朝に家を出て、7時半ごろからゆっくりとしたペースで約4時間ほどで10キロ少々歩きました。
ちょうど昼時に車を止めていた道の駅に戻ってきたので、そこでお蕎麦を食べましたが、
ここの”かき揚げそば”は、なかなかの味でした。



帰りは渋滞にはまる前に家に着くことができ、時間をロスすることなく、たっぷりと休日を楽しむ事ができました。

| 山登り | 19:41 | comments(2) | - | pookmark
登山 都民の森〜三頭山

梅雨入り前の最後のチャンスと思い、家族登山に行ってきました。
今回は、都民の森(桧原村)から三頭山まで登り、別ルートで都民の森に戻るコースを選択。
朝9時ジャストに都民の森を出発。双眼鏡を手に、バードウォッチングを楽しみながらのしながらの登山です。

DSC09556.JPG DSC09558.JPG

三頭山までは結構急な坂があり、小学校低学年の娘には少々ハードなコースとなっていました。
それもでも、野鳥や自然を観察しながらの登山は、やはり楽しいらしく、終始がんばって登っていました。

DSC09562.JPG DSC09563.JPG 

三頭山頂上付近にある、見晴らし台に立ち寄り、ここで簡単に昼食をとりました。
ここからは、御前山などが見渡せます。

DSC09564.JPG DSC09567.JPG DSC09570.JPG DSC09575.JPG 

ブナの原生林に囲まれた三頭山は、大自然の魅力たっぷりの山でした。
今度は秋に訪れてみたいです。

DSC09576.JPG DSC09561.JPG

右上の画像の、上側の緑色は蛾なんです。一瞬見落とすところでした。
こんな発見も楽しいものですね。

本日観察した野鳥:
シジュウカラ
ヤマガラ
ウソ (確認はやや曖昧)

| 山登り | 01:04 | comments(2) | - | pookmark
親子登山 (高尾山から小仏峠へ)
スキーシーズンが終わり、無性に山を歩きたい気持ちになりました。
実は数年前から娘に体力がついてきたら、高尾山に連れていきたいと思っていたんです。
そうなれば、思い立ったが吉日で即実行してきました。 

3月27日、朝8時30分に自宅を出発し、南武線・京王線を乗り継いで、9時半に高尾山口駅に到着。
 

ケーブルカーもありますが、もちろん使いません。
稲荷山コースを使って山頂を目指します。
 

1時間ほど登ると、見晴らしの良い稲荷山展望台に到着します。
そしてここからは都心を一望する事ができます。
 

展望台からは40分ほどで高尾山の山頂に到着しました。
山頂では持参したお弁当を食べて、さらに売店で一杯のとろろそばを注文して、家族で分け合って食べました。
 

右側の画像が一丁平の展望台です。ここからは相模湖方面の景色を一望できます。
 

高尾山山頂から歩くこと約1時間で、小仏城山山頂に到着しました。
自力でここまで頑張った娘は、はやくも山登りの気持ちよさを体感していました。
 

小仏城山から小仏バス停まではひたすら下っていくルートになりますが、川沿いを歩いていると、きれいな苔の生息地帯がありました。
 

最後は小仏バス停から、JR高尾駅までバスを利用しました。
 

こうして無事に、初めて親子登山を完遂することができました。
私としては、陣馬山まで歩きたい気持ちがありましたが、現在の娘の体力を考えると小仏城山までが限界という感じです。
これからは娘の成長に合わせて、少しずつ行程を伸ばしていき、年に2,3度は親子登山を楽しんでいこうと思います。

| 山登り | 10:04 | comments(0) | - | pookmark